防寒用の作業服や対策について

寒い季節に屋外で作業をするのは非常に辛く、職種によっては季節に関係なく屋外作業という事もあります。

夏場の対策としてはとにかく薄い生地で通気性の良いものを選ぶしかありませんが、冬などの季節に屋外作業をするうえで必要な防寒対策としては、まずは作業用のジャンパーがあります。ジャンパーですと作業服の上に着るだけですので最も簡単で、風を極力通さない物が多いので非常に効果的です。ですがジャンパーだけでは下半身が寒いですし、狭い所に入り込まなければいけない作業の際には邪魔になってしまいます。

ですのでジャンパー以外の防寒対策としては作業服売り場に売ってあるインナーや、厚手の靴下が効果的です。インナーはわりと安い値段で手に入るものが多く、生地に使用されている素材も豊富なので、好みに合わせたりより寒さを防げるものなど色々と選べます。ただし、インナーを着る際の注意点ですが、下着の上などできるだけ素肌に接するように着ないと効果を発揮できない場合があります。

物によってはそういった注意書きもしてありますので、よく確認したうえでの使用が望ましいです。インナー以外の対策としては張るカイロなどの保温材の使用も効果的です。時間制限があるのがネックではありますが、使いどころを限定できれば効果を大きく発揮します。作業服の防寒対策に限ったことではありませんが、より暖かく寒さを防ぐには、一番外に風を通さない目の細かい衣類を着て、中には暖まった空気を保持できるように多少目が粗い衣類を着るのが鉄則です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *