作業服に防寒機能がついていなかったら?

アルバイトや派遣、契約社員として働いていると、会社から作業服を支給されることがあります。

工場の現場労働では正社員の人はむしろ少なく、ほとんどが非正規社員が占めている傾向です。もちろん、会社によって異なります。正社員しか雇っていないという会社もあります。大手のメーカーの工場では、正社員の人はリーダーなどに限られ、作業スタッフはほとんど全てが非正規で働いているようです。アルバイトでもできるような仕事を正社員に任せるのはコストの無駄という考え方などが理由のようです。

工場や倉庫でアルバイトをはじめたら、会社が指定の作業服を支給されたとします。しかし、その作業着は防寒用ではなかったらどうでしょうか。暖房がよくきいている工場の場合にはそれほど困りませんが、寒い中で防寒機能がついていない作業服で働くのは体調を崩す原因になってしまいます。会社によっては正社員の人には専用の防寒服を支給しているが、アルバイトの人は自分で用意してくださいと言われることがあります。

そのような場合には、インターネット通販などを利用して防寒用の作業服を購入しましょう。ワークマンなどのショップが近くにある場合にはそこで買ったほうが送料を節約できるでしょう。工場などの現場作業ではおしゃれなコートを着て働くことはかえってマナーに反します。なるべくベーシックなタイプの作業用の防寒服を購入しましょう。仕事をしていると汗をかくので、あまりごついタイプのものはおすすめしません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *