防寒作業服を選ぶときの基礎知識

最初に考えるべきことは自分の作業の状態です。

例えば、「すごく汗をかくくらい動く」のかそれとも「肉体的な動きはあまりないのか」などのことですが、それによって防寒作業服の選び方は違ってきます。「汗をかくくらい」の動きをするのであれば「透湿性」が重要になります。「透湿性」とは汗の水分を服の外に出す機能のことです。仮に汗をかくときに「透湿性」の弱い防寒着を着てしまいますと、下着やその上に着ている服に水分が溜まったままの状態になります。

そのような状態が暖かさを感じさせないのは言うまでもありませんが、それ以上に体温を奪うという問題まで引き起こしてしまいます。いわゆる「汗冷え」という状態ですが、「汗冷え」は筋肉の動きを妨げることになりますので注意が必要です。汗をかかない状況のときの防寒作業服の場合は「防風性」や「保湿性」を重視するのがポイントです。

人間には気温のほかに体感温度というのも重要になりますが、風速1m/sの風が当たると体感温度が1度下がると言われています。ですから防風性の機能はとても大切です。「保湿性」については「汗冷え」のところで「透湿性」の必要性を説明しましたので不思議に思う人がいあるかもしれません。ですが、適度な保湿性は保温の効果を発揮します。

その理由は水は空気の約20倍の熱を伝える力がありますので適度な湿気は防寒作業服の中で暖かさを広げる効果になります。これまでの説明をまとめますと、汗をかく状況では速乾性と透湿性が重要で汗をかかない状況では防風性と保湿性が重要ということになります。これらの特性を生かして防寒作業服を選ぶのが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *