防寒対策には作業服の中に着るインナーも選ぶ

寒い冬には防寒対策が必至です。

作業服の上に羽織る防寒着も必要ですが、効率よく保温するためには、肌着から素材選びをするとより効果的です。寒いとはいえ、作業をしていれば汗をかくことも多いものです。乾きが遅い素材は、汗をかいたあと身体を冷やしてしまうため速乾性のものが最適です。最近はヒートテックの素材が多く売られているため、安価で手軽に購入することができます。

寒いからといってたくさんの重ね着は、当然動きを鈍くしてしまうため、薄くて暖かい肌着で常に動きやすい状態を確保しておきたいものです。ヒートテックのシャツの上には、身体を締め付けないサイズのあったか素材を重ねると保温効果が大きくなり、作業服自体が冬用の防寒であれば、それだけでもかなり寒さを防ぐことができます。

屋内と屋外の作業では寒さも異なりますが、作業に合わせた動きやすさと、場所に合わせた防寒対策をすることで、無駄に重ね着をしなくても仕事の効率が上がります。また、手足や首を冷やさないためのグッズも効果的です。手や足がかじかんでしまっては、作業がはかどりません。防寒靴でも極寒の日には靴の中にあったかインソールを敷くと、さらに保温効果が大きくなります。

薄着で暖かいことは理想的ですが、真冬の寒さの中ではさすがに薄着は厳しいものです。動きやすく暖かい作業服で、安全に効率よく仕事をしたいものです。近頃では、全国にワークショップの店舗やサイトが増えましたが、仕事用だけではなく、着心地の良さや動きやすいことから、普段着として購入する人が大変増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *