安い作業服を着るときに考えること

作業服はスーツとは違い衣服に与える負荷が大きいものです。

その理由はスーツを着ているビジネスマンなどと違い工事現場など過酷な環境で身体を動かすことが多いからです。ですから自ずと作業服は汚れる割合が高くなりますし、敗れる頻度も高くなります。

そのような状況で着ることが多い作業服ですので「安い」ということはとても重要です。つまり「使い倒す」くらいの気概で着ることが大切です。正確には「着倒す」ということになりますが、そうなりますと短期間で着られなくなることもあります。ですから「安い」というキーワードが重要になってきます。安い作業服を着るには素材などにも気配りをすることが重要です。

素材により動きやすくなりますと衣服に与える負荷を軽減させることもできるからです。これは着ている期間を延ばすことができます。例えば2千円の服を2ヶ月着るのと3ヶ月着るのではコストが違ってきます。

これが「安い」につながってきます。しかし、「安い」だけにこだわっていては気持ちよく働くことはできません。見た目も大切です。つまり「おしゃれ感覚」を満足させながら着ていられることで気持ちの張りが変わってきます。せっかく働くのですから気持ちよく働きたいものです。

昔と違い今の時代は作業服の種類も増えています。様々なデザインの服がありますし、ブランドのものまであります。そうした情報を得るためにはネットを利用することも必要です。

ネットでの買い物の一番のメリットはロングテールと言われていますが、自分だけのセンスのものを見つけたいときはネットを上手に活用するのが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *