労働環境と安全靴の防水加工

安全靴の防水機能は天候に関係なく水中での作業にも耐えるものと、雨天などの悪天候の中でも使用できるものとがあります。

軽い撥水性を持つものは通常の作業用の靴にも備わっています。ワークブーツなどのように完全な水の侵入を防ぐものは歩きにくい、重くて疲れやすいといった欠点があります。

通常の建築現場における安全靴への防水対策はほとんどなく、雨天時にはレインブーツを着用して作業することが一般的です。水中での作業でなければ通常作業における降雨を問題とすることはありません。悪天候時には作業そのものが困難となるために、安全靴への防水はほとんど気にされていないのが現実です。最近では現場作業においても身だしなみに気を使う人も多く、作業用の靴であっても極度に汚れるのを嫌がる人もいます。安全靴に防水加工が施されえているだけで濡れにくくなる安心感と、過度に汚れることを防止できることが安全な作業につながっています。作業中の身だしなみを整えることは事故防止にもつながります。

安全靴は防水加工のほかにもさまざまな作業に対応した加工が施されているものも多く、安全対策の有無で事故の発生率も変わってきます。完璧な保護具の着用を実施することは、継続して安全な作業を行うことができます。動きにくい作業現場で足元を固めることは非常に重要で、不安定な要素を取り除くことがより安定した作業環境を構築し、質の高い仕事内容につながっていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *