安全靴の女性用サイズと用途

男女ともに同じデザインで統一しようとする場合、安全靴は女性用のサイズがあるものから選択するようにすると職場内でデザインを統一することができます。

女性の足のサイズは男性のものと違って足の幅が多少狭くなっている程度です。サイズがあっていても重い、歩きにくいといった場合もあるので、作業性も重視した選択も必要になります。安全靴は女性用として製造されたものは、女性の足のサイズから様々なデザインの種類から選ぶことができるようになっています。

女性専用のものは安全性を高めた中で履き心地や軽さ、歩きやすさに重点がおかれたデザインのものが多く、女性の足元の安定感を保護することに役立ちます。安全靴は女性用男性用問わずに、足元の安全性を重視することで作業への集中力を高め、長時間の歩行や運転からくる疲労を軽減することにつながります。現在では女性も大型車両を運転することが多くなり、作業現場での役割と責任は非常に高く重くなってきています。荷積みの作業の際でも高低差の激しい荷台への昇降は男性でも大変な作業です。

足元の安全の確保は転倒などが原因によるけがから身を守ることができます。女性の場合は現場に従事することがなくても立ち入る際には必要な保護具を着用し、頭上や足元の安全を固めることで安心して現場に入ることができます。

安全靴は女性用の作業だけではなく、身を守る保護具としての着用も現場につながりのある工場などでは、検討することは非常に大事なことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *