人気の安全靴で足元をおしゃれに

安全靴は靴底に滑り止めが付いていたり、つま先部分やかかと部分に鉄板が入っていたりして、高所での作業や工事現場の作業などで使われることの多い靴です。

一昔前までは安全靴といえば肉体労働者の履く靴というイメージで、頑丈さや機能性を追求してデザインは置き去りにされてきた部分もあり、色は汚れが目立たない黒で、余計な柄や装飾などは必要ないという武骨な感じのものが多かったですが、近年では若い現場作業員などの間では普段履かれているスニーカーと見分けがつかないようなオシャレなデザインなものが人気です。

また、技術の進歩により機能は向上しながらも軽量化したものなども人気が高まっています。高所や工事現場での作業で、事故やけがなどを未然に防ぐための安全靴ですが、そのための機能は保ちながらも、おしゃれな雰囲気を楽しめ、軽くて動きやすいものが人気を集めているようです。こうしたおしゃれな安全靴の人気の高まりは、傍から見ても作業員がおしゃれでさわやかなイメージに見えることから、工事を請け負う会社などにもプラスに働くこともあるため、機能的な面以外は細かい規定を設けずに自分の気に入ったデザインのものを履いてくることを推奨しているところもあります。

なんとなく怖いイメージがあって近寄りづらかった現場作業員のイメージが変わることで、周辺の住民も工事を好意的に受け止めることができるようになるなどのメリットも期待できます。安全靴はもちろん、作業服などにもおしゃれなものが多く出てきており、現場作業員のイメージも変わってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *